修理、REPAIR SURFBOARD

クリスタルジャパンではどのメーカーの製品でも修理いたします。修理は野間が直接やっております。外注に出してません。

納期は特別のもの意外は2週間で修理いたします。
最短 火曜日に持ち込まれた場合は土曜日に完成させます。

料金 受付時に見積りします。 3000円スタート1箇所増えると+1000円から、ウレタンを入れる場合4000円から
    ノーズ折れ10000円から、 FCSプラグ 4000円から2個の場合6000円、
    バフがけ+2000円
    
    エポキシボードは上記修理料+エアーブラシ代 3000円から
    ●通販においてカードでの購入(お取引)はできません。

注意 
1,お預かりしたボードを半年以上引取りに来ない場合は、処分させていただきます。
2.ボードの程度におおじて修理方法・料金を決めています。
3,料金は作業したした料金で追加がある場合追加料金をいただきます。
4.安く上げたい方フィニッシュ止めにします。−1000円から 自分で磨いてください。

●エポキシボードの修理場合 1、

最近エポキシボードの修理が増えています、お店によって、暴利と思われる料金を請求しているところもあります。
メーカーに出せば完璧だと思っている方が多いいですが、私の方がうまいです。
ただボトムのきずは全塗装をしないとボコボコに見えます。塗装1枚でもボコボコに見えます。全塗装をしてボードが重たくなることはしません。
塗装の重さはボード1台で500g以上あります。料金も高くなります。

1、エポキシ粘土型接着剤でふさぎ、2、サンディング 写真左 3、エポキシボンドでクロスを入れラミネート 写真左

  


4、サンディング#60 形を整えます。 5、エポキシボンドをパテのようの使用し(ホットコート)ます。 6、サンディング#120 7、スプレーパテ #320

8、最後にカラーリング エアーブラシで色を調整します。プラカラーを使用してます。
●エポキシボードの修理場合 
エポキシは塗装が命 折れたボードの工程を見てください。まずは上記と同じように修理します。
  エポキシパテで埋め、サンディングしたところ。
クロスをコニシボンド製FRP修理財でラミネートします。
  12時間以上で硬化します。サンディングしますが凸凹がありますので、
もう一度、コニシボンド製FRP修理財でホットコート、クロスは入れない。
もう一度、サンディングして、 サフェーサー(スプレータイプ)
  
 こんなにキレイに治りました。
●エポキシボードの修理場合 3 完全に離れて折れてるボード仮止めをしてサンディング。
 
ストリンガーのペイントはPOSCAでOK!
  こんなにきれいにできました。

プラモデルを作る要領です、エアーブラシのカラー調色なかなか難しいものがあります。

●修理のコツ
ノーズ修理の場合 片面だけベースを作ります。ベースが固まってからB面を作る方が確実に修理でき、1度にやるより早いです。

テールの場合も同じです。片面だけベースを作ります。

●FCSの修理
   

後はサンヂング#60をしてもう一度、樹脂を塗る、#120 #240