HOME NOMAN サーフテクニック
スクール
サーフボード ウエットスーツ ショップインフォメーション イベント
過去のファイル
新商品 SALE
商品
リペアー DVD 関東
サーフポイント
My status 行き方を調べる NSA
4区
携帯サイト MAIL



TAKEOFF テイクオフについて書いてみました。色々HOW TO 本を読んで見ましたが肝心なことが書いてなかったり。
またプロの感覚で書いてあったりして、理解しにくいところがあります。私なりに書いてみました。読んでみてください。

06年04月11日

HOME  初心者 中級者 

1、うねりを見つけ波になるポイント(ブレイクポイント)を予測します。

2、ブレイクポイントに向かってパドリングをします。

3、うねりのスピードに合わせ板が動き出した時から波乗りの始まり。
パドルをしなくても左図bPの姿勢でボードはうねりのスピードと同じに
移動し始めます。

4、立つ前に左右を見る余裕が必要です。
しかし初心者はそんな余裕はありません。3の感覚の前にうねりのボトムからトップ
へ上下移動するので、ボードが滑り出したと勘違いするようです。

そして、初心者はすぐ立とうとします。何回も言ってますが波を捕まえましょう。

5、練習方法 1〜3までをやりましょう。立ってはいけません。
  うねりに乗っている感覚を覚えましょう。


立てない原因の一つは、やっと滑り出したボードでもbTの姿勢になるのに、
左図bQのように重心を後にしてしまいます。ヒザや足に重力がかかります。
ボードはノーズが上がりSTOPしてしまいます。

bQとbRの違いは重心の位置の違いです。うねりでボードは下向きになります。
ボードは波の面にあわせないと(下向きにしないと)滑りません。
bQとbRの図のように両腕(手)だけでバランスが取れるように、
bSのような姿勢を練習しましょう。

bSは浮力の少ないボードのときすごく有効です。ボディーサーフィンをする感覚で、胸から水が入ってくると体とボードの2枚翼の揚力(浮力)が出ます。(上級者必殺技)

<こんな方法でテイクオフをする時があります>
1、左図bTの姿勢になるまで、波を追い続けると、特にロングボードではノーズの先が
胸の位置に来ている時が多々あります。パドルで波を追ってる時でも体とボードの位置は
移動します。

2、パドルでも前から後にパドルするのではなく、ノーズが沈み過ぎる位置に乗り、上から下へ
パドルをしていてスポットに来たら手を離すだけ。

3、皆さんやってる刺し乗りがあります。
板を沈めその反作用の勢いで乗ってしまう。

初心者はボードををつかんだ時や腹ばいになったとき、ボードの中心がどこだかわかりません。
コレを練習するには、いろんな長さいろんな幅のボードを使用してみてください。
すぐに感覚がつかめます。
左図bUは初心者にボードをつかんで立ってごらんと言うと、このような姿勢になってしまいます。

まるでヨーイドンの姿勢ですね。コレでは重心が高くて立てません。

当然まっすぐにヒザを引けば腰が高くなって左図bUのようになります。
ヒザを横にずらして、抱え込むように
前足を手の位置まで持ってきます。

いかに腰を低く移動し、抱え込みをするかを練習してください。
bTを姿勢1、bWを姿勢2と呼んで、私のスクールでは教えています。
1の姿勢〜2の姿勢は床で練習できます。重心を考え練習してみてください。
bTの姿勢1、bWの姿勢2はどのDVDや教本にものってます。しかしどうしたらこの姿勢が取れるかが書いてません。質問がございましたらメールでも電話でもかまいません、御連絡ください。
スクールで実際に指導しています。参加お待ちしています。


HOME