HOME NOMAN サーフテクニック
スクール
サーフボード ウエットスーツ ショップインフォメーション イベント
過去のファイル
新商品 SALE
商品
リペアー DVD 関東
サーフポイント
行き方を調べる NSA
4区
携帯サイト MAIL


修理の作業概要
サーフテックの修理に対する概略と補修の内容は、下記のような工程で行われています。
丈夫な構造ですが、折れることも破損することもございますので、取り扱いには十分注意を払って下さい。
特にWOODYボードに関しましては、1.5mmのベニア上に2オンスのクロスとポリエステル樹脂で仕上げてあります
ので、タフライトモデルに比べると、表面強度が非常に弱くなっております。そのため、表面に強い衝撃を加えると
表面が割れる恐れがありますので、特にクレームの対象とならないよう購入事前に十分にお客様への説明と注意を
お願いします。
1:破損の状況の判定
破損の状況を下記の度数で判定致します。
1度:表面の破損(すり傷、ヒビ割れ、浅い凹み、ぶつぶつ、ライン等)
2度:PVCシェルまでの破損(凹など)
3度:スタイロフォームまでの破損(穴、スケッグの刺さり等)
4度:折れた場合
※状況によっては強度を考慮した場合、修理不能の場合もございます。
リペアーキット
左の修理剤は樹脂に白が入っているので、JCの白などはカラー補修をしなくてすむ場合があります。
値段も1575円でサーフテックジャパンのものよりお手ごろです。マスキングテープは付いてません。
クリスタルで販売してます。
タフライトの修理剤にはエポキシ系のものをご使用下さい。
ハッポースチロールまで貫通している修理ですと、グラスファイバーを入れて強度を出してください。
ただへこんでるだけでしたら、ファイバーはいりません。
サーフテック社のリペアーキット 価格2310円
ガラスクロス、サンディングペーパー、パネル、ステック、
テープ付、硬化すると黄色く半透明に上がります。
2:下地処理(作業工程)
破損状況により以下のような作業工程を行います。
補修箇所養生
補修準備処理
スタイロ補修
クロス処理
パテ処理
PVC処理
クロス処理
パテ処理
下地塗装
着色塗装
クリア塗装
バフ仕上げ
3:塗装
補修箇所の塗装の他クリアやバフなどの作業があり、塗装箇所は広範囲に及びます。
タッチアップペイント Touch Up Paint
4:リペアの限界
●塗装
1:特に黄色と赤の色合わせは非常に難しいため、修理箇所の色の差が生じる場合がございます。
2:グラデーションの場合、元の状態に完全に戻すことはできない事を予めご了承下さい。
●下地処理
1:修理後の重量は若干増加する場合がございます。
2:修理箇所の表面に若干の凹凸が残る場合がございます。
ストリンガーのデザインを請け負ってます.。 ショート両面6000円。ロング9000円